【初心者向け】FXをすぐに始めたい方必見!FXとは?正しい始め方を解説!

スポンサーリンク
投資
スポンサーリンク

 

FXは数千円から始められる

投資として注目されている金融商品です。

書籍や講座が充実しており、

初心者でも始めやすい投資の一つだと言えます。

今回は《FXの始め方》《FXおすすめ取引口座》を解説します。

 

 

FXとは?

FXとは、外国為替証拠金取引のことです。

ある国の通貨を別の国の通過に交換することを

「外国為替」といいます。

外国為替を英語に直すと「Foreign Exchange」となり、

これが「Forex」→「FX」と省略され、FXと呼ばれています。

『外国為替取引』と『外国為替証拠金取引』の違いは、外国為替取引を“証拠金”で行うかどうかという点です。

では、まず『外国為替取引』とはどういうものなのかをお話しします。

 

外国為替取引とは

海外旅行に出かける場合、

まず円をその相手国の通貨に両替する必要があります。

アメリカに行くとしましょう。

日本の銀行で円をドルに両替します。

この円とドルを両替する行為を「外国為替取引」といいます。
現在の為替レートは、「1ドル=100円」と仮定しておきます。

10,000ドル必要だとすると、「100円×10,000ドル」で100万円が必要になります。※手数料は考慮していません。
つまり100万円を10,000ドルに両替する行為は、

100万円で10,000ドルを買うことと同じ行為であるといえます。

通貨の両替では、その対象も対価も“お金”である為、紛らわしく感じるかもしれませんが、

実は物品の売買と変わらないのです。

FXも基本はこの“通貨の売買”です。

外国為替取引の仕組みについて簡単に解説しましたが、

では、FXとはいったいどのように取引するのでしょうか。

FXは外国為替取引を『証拠金』で取引を行います。

『証拠金』は取引を行う際に相手方に預け入れる『担保金』のようなものです。

FXは、将来必ず決済することが約束された『差金決済』という決済方法を採用した取引です。

そのため、総取引額の現金の受渡しは必要とされず、売買の損益の受渡しのみで取引が完結します。

 

 

 

取引可能時間は24時間

FXには、取引時間が長いという特徴があります。

FXの取引は、世界中の外国為替市場を利用して行います。

インターバンク市場と呼ばれる世界中の銀行による外国為替取引のためのネットワークがあるため、原則平日は24時間取引できます。

国内株式の取引ですと、基本的に証券取引所が開いている平日の9時から15時までしか取引できません。その点、24時間取引できるという点はFXの大きなメリットです。

ご自身のライフスタイルに取り入れて、取引することができます。

 

覚えておきたい用語

差金決済

 

実際に通貨の受け渡しはせず、反対売買による買値と売値の差金の授受で決済する方法のこと。そのため保有していない通貨を先に売り、後から買い戻す「売りから入る」取引もできる。

たとえば、1ドル100円のとき10万円で1,000ドルを買った場合、実際に1,000ドルが渡されるわけではなく数字だけが記録される。その後1ドルが110円になったとき1,000ドルを11万円で売れば、買値と売値の差額1万円が利益として渡されることになる。

 

レバレッジ

 

レバレッジとは「てこの力」という意味で、預けた証拠金以上の取引ができる仕組みのことを指します。日本国内の場合、レバレッジは最大25倍までに制限されています。

たとえば、自己資金が10万円の場合、5倍のレバレッジをかけることで50万円分の取引が、25倍のレバレッジをかければ250万円分の取引ができることになるが、レバレッジを高くすればするほど、為替レートの変動による利益が大きくなる分、大損するリスクも高まります。

 

スプレッド

 

スプレッドとは、通貨の購入・売買時に必ず発生する手数料のようなものです。

たとえば、日本円を米ドルに交換する場合と米ドルを日本円に交換する場合は、それぞれ異なる交換レートが提示されます。

この交換レートの違いによって生み出される差額が「スプレッド」です。外貨両替に対応した金融機関の取り分となります。

 

必要な投資資金は?

結論から言うと、数千円程度から始めることが可能です。

FXを始めるにあたり初心者の方が気になるのは『どれぐらいの資金があれば始められるのか?』という点だろう。一般的にFXは、FX会社を通して取引を行う。具体的には、取引を行う専用口座を開設し、資金を入金して取引を行うことになる。FX会社によって最低入金額は異なるが、実は比較的少ない資金からでも取引を始めることができる。

多くのFX会社では、5,000円程度の資金あればFXを始めることが可能だ。中には5円程度から始められるFX会社もあります。

 

初心者にオススメの勉強方法は?

本を読み、勉強する

書店にはFXに関する本がたくさん並んでいます。

その中から自分のレベルに合ったものを選ぶと良いでしょう。

FXを本で勉強する最大のメリットは、情報が正確であるということです。

楽天やAmazonなどでも沢山の取り扱いがあるので、

レビューなどを参考に選んでも良いかもしれません。

 

 

セミナーに参加する

本を読んで勉強をするのが苦手という人なら、専門の講師からセミナーでFXの基本を教えてもらうのもおススメです。不明点があってもすぐに質問できる環境があり、理解も深まります。各FX会社で提供しているセミナーを利用すれば、計画的に学習を進めていくことができるでしょう。プロのトレーダーが出演して、マーケット情報を解説してくれるものもあるので、実践的な知識を身につけることもできます。

 

・デモトレード

デモトレードは、実際の資金を使わずにバーチャルで取引を体験するものです。各FX会社ではデモ口座を無料で開設できるサービスがあるので、積極的に利用してみると良いでしょう。デモトレードのメリットは損失を気にせず、基本ルールや取引の流れなどが学べる点です。基本的なスキルが身に付くまでの勉強素材として活用してみましょう。

 

初心者向け!オススメ口座を紹介♪

DMMFX

 

  • 口座数は業界トップクラスの80万口座!
  • スプレッド、手数料もかなりお得!
  • チャートやスマホアプリも高機能&使いやすい!
  • 新規口座開設 最大200,000円キャッシュバック


 

DMM.com証券の口座開設数は、実に80万以上!

DMM FXの特徴は、取引ツールが充実していることです。

人気の秘密は使いやすい取引システムやスマホアプリ、高機能なチャートなどの各種ツールもありますが、24時間電話サポートやLINEサポートなどのユーザへのフォロー面も大きいと思います。

初心者でもFXに入りやすいように徹底サポートしている点が◎

また取引応援ポイントなど独自のポイントサービスも完備しております。
もともとスプレッドが安いですが、取引すればするほどポイントを貰えて実施コストを下げることができます。

 

 

まとめ

今回はFX初心者向けに基礎知識などを解説しました。

わずかな元手でスタートして、それを倍々ゲームで増やしていきたいと考える人も少なくありませんが、そのようなギャンブル的発想には大きなリスクが伴ってくるものです。

FXは「早く大きく増やしていきたい」とはやる気持ちを抑えて、まずは少額からリスクを取りすぎないかたちでスタートし、経験値を重ねていったほうが着実な成果を期待できそうです。

 

 



読者登録

メールアドレスを記入していただくと、Cathyが更新をお知らせします。

スポンサーリンク
投資
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Cathy Creation

コメント