飛騨高山の観光土産で流行間違いなし?雪国プリンとは? 高山プリン亭 3色プリン

スポンサーリンク
グルメ
スポンサーリンク

 

飛騨高山と言えば岐阜の観光名所です。

そんな飛騨高山に新たなスイーツ店が登場しました。

岐阜県高山市の観光地、古い町並み近くの同市上三之町に、大正時代の民家をリノベーションしたプリン専門店「高山プリン亭」が、2019年4月19日オープン!

お店の雰囲気

店舗外観

 

高山の古い町並みに馴染んだ店構えでした。

奇跡的にオープン初日に立ち会うことができ、すぐにプリンを購入しました。

レシートナンバーが末尾0001だったのでもしかしたら

一番最初の購入者だったかもしれないです( ゚Д゚)

 

プリン紹介

まだオープンしたばかりなのと、大々的な広告などが打たれていなかったり認知度が低いためか行列ができたりなどはしていなかったのですぐにプリンを購入できました。

販売されていたプリンは3種類ありました。

 

『なめらかプリン』『雪国プリン』『抹茶プリン』

お値段は

なめらかプリン』400円
『雪国プリン』430円
『抹茶プリン』450円

 

3種類あるプリンの中でも看板メニューは『雪国プリン』

看板商品の雪国プリンは、青と白の上下2層でラベンダーの色素で色付けしたラムネ味のジュレに銀箔シュガーを混ぜ、土台には通常と違う白い卵黄を使ったプリンを敷き、降り積もる雪を表現したプリンとのことです。

 

実際にプリンを食べてみた感想は

『なめらか』はTHEプレーンプリン!弾力のない、なめらかなプリンでした。

パステルのプリンに近かったです。

 

『雪国プリン』は見た目も爽やかで、水色の部分はソーダゼリーのようでさっぱりとした味ですが、下の層のミルクプリンと相性が良くこれからの季節にピッタリ!

 

『抹茶プリン』は甘すぎず、抹茶のほろ苦さが程よく、下の部分に丹波の黒豆が入っていました。

この丹波の黒豆特有の甘みが抹茶のおいしさを際立てます。

 

 

1つからの購入もできて3種類セットで販売もされていますが、お値段は少しお高めかなと思いました。

しかし、高山に観光に行った際のお土産として考えたら

SNS映えもする見た目のプリンなのでもらった人は喜んでくれるのではないでしょうか(^^)

 



 

 

 

 

 

読者登録

メールアドレスを記入していただくと、Cathyが更新をお知らせします。

スポンサーリンク
グルメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Cathy Creation

コメント