毎月の携帯代金を安くしたい方必見!格安SIMのメリット・デメリットを徹底解説!

スポンサーリンク
節約術
スポンサーリンク

 

皆さん、格安SIM(シム)ってワードを聞いたことはありますか?

聞いたことのない方もこの記事を読んで頂ければ

バッチリ覚えられますので最後までお付き合いください。

今回は格安SIMについて記事にしたいと思います!

格安SIM(シム)ってなに?

まずSIMというのは 携帯の中に入っている小さいチップのことです。

 

 

 

インターネットや通話をするためにはSIMカードが必要になります。

そして格安SIMとは、このSIMカードを使って低価格でLTEや3G回線を使ってインターネットや通話ができるサービスです。

格安と名前が付くだけあって安いところだと月々1000円程度からあります。

携帯の料金が1カ月1000円って驚きじゃないですか?

この料金が決め手で格安SIMを使うユーザーが増えてきています。

しかし格安SIMを取り扱う会社は沢山あります。

有名どころだと LINEモバイル、楽天モバイル、イオンモバイル、Mineo(マイネオ) ですね。

これらの格安SIMキャリアはソフトバンク・au・ドコモといった大手キャリアの通信設備を借り受け、利用者にサービス提供をしているのが格安SIMです。

借り受けているので、通信設備などの維持費などが負担がかからないため料金を安く提供できます。

 



大手キャリアと料金比較

ソフトバンク・au・ドコモの場合

基本料金インターネット接続料パケット通信費 が基本になります。

 

基本料金には通話プランも含まれていて、

5分かけ放題(月々1700円)or24時間かけ放題(月々2700円)の2種類から選びます。

三大キャリアの月々の利用料金の平均は8000円と言われています。

 

内訳としては

  • 基本料金(24時間かけ放題) 2700円
  • SPモード         300円
  • パケット5GB       5000円

合計8000円

 

24時間かけ放題にして5GBのプランだと8000円ほどになります。

ドコモの場合は家族間でデータをシェアできるプランがあるので

家庭によって値段は前後する傾向にあります。

 

格安SIMの場合

 

格安SIMを扱う多くのキャリアは通話に関しては10分以内かけ放題がほとんどです。

キャリアによっては追加で料金を支払うと24時間かけ放題にできるところもありますが

格安SIMを使うユーザーの特徴としては通話をあまりしない方が多いです。

 

利用料金としては各キャリア1か月1000円~2000円ほどです。

1000円ほどのプランは通話が30秒20円

パケットが500MB~3GBとキャリアにより大きく差が出ます。

2000円ほどのプランだと

パケット容量は月々3GBで通話は10分以内かけ放題が多いです。

格安SIMのメリット・デメリット

 

メリット

  • 月々の利用料金を大幅に下げることができる

今まで月々8000円だった料金を月々2000円になった場合、年間7万円以上節約できます。

  • 契約の縛りの期間が短い

大手キャリアの場合は2年縛りですが、格安SIMの場合はほとんどが1年ほどです。

 

 

デメリット

  • 多くの格安SIM会社は店頭にスタッフがいないため自分で調べないといけない
  • 通信速度が大手キャリアと比較して遅い
  • パケットを沢山使う方だと料金が高くなってしまう場合がある
  • 高性能スマホの取り扱いがない

 

なんだ!デメリットのほうが多いじゃないか!(; ・`д・´) と思いませんか?

上記のデメリットをすっきり解決できるキャリアもあります。

それがY!mobileとUQmobileです。

 

 



読者登録

メールアドレスを記入していただくと、Cathyが更新をお知らせします。

スポンサーリンク
節約術
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Cathy Creation

コメント