肌荒れに悩んでいませんか?正しい洗顔方法を伝授!ニキビのない綺麗な肌になろう

スポンサーリンク
美容
スポンサーリンク

皆さん肌荒れに悩まされていませんか?

ニキビ・吹き出物といった肌荒れは、乾燥やストレス、胃腸などの内臓環境、様々な原因によって引き起こされます。あごや頬といった場所に頻繁にできるぶつぶつが気になる人も多いのでは?

私自身も仕事のストレスによって、かなり悩まされていました。

ひどい時期だと鏡を見るのも辛かったです。

しかし洗顔方法と肌のメンテナンス方法を変えただけで見違えるほど綺麗になり、肌荒れもしずらい肌に進化しました!!

今回は肌荒れにお悩みの方々に実際に私が行ったスキンケア方法を伝授します!

 

正しい洗顔方法

 

 

  • シャワーの水流を直接肌に当てている
  • 冷水で肌を引き締めてから洗う
  • 洗顔料を手で泡立て使用

 

これらは一見正しい洗顔方法に見えますが実は間違っているんです!

 

 

・シャワーの水流を直接肌に当てている

シャワーの水流は肌に大きな負担をかけてしまいます。

水流による圧と手で擦る摩擦で肌が乾燥しやすくなり肌荒れの原因に!

理想はシャワーを直接当てるのでなく、手で20回~30回すすぐこと!

 

 

 

・冷水で肌を引き締めてから洗う

朝は冷水で洗顔すると肌が引き締まって良いのではないか?と思っている人!

冷水のみですすぐと、皮脂汚れが落ちにくいだけでなく、毛穴が締まってしまうため、その後の化粧水などが肌に行き渡りにくくなる原因となってしまいます。

熱湯もNGです!理想の温度としては30℃~35℃です!

 

 

・洗顔料を手で泡立て使用

洗顔料を泡立てる際には泡立てネットを使用しましょう!

手で泡立てるよりも泡立てネットを使用したほうが泡がきめ細かく肌に浸透し、泡の量も多くなり泡を優しく肌に当てるように洗うことによって肌への負担も減らすことができます。

 

洗顔の目的は次に使う化粧水の浸透を高めること”でもあるのです!!

落とすべき汚れはすべて落とし、次のステップに向けて肌の土台をつくってあげましょう。

 

ここまでをおさらいしますね!

  • シャワーの水流ではなく手で洗う
  • 冷水や熱湯はNG!水温30℃~35℃が良い
  • 泡立てネットを使用し泡で優しく洗顔する

 

正しい洗顔 3ステップ

1.Tゾーン(鼻周りや額など脂っぽい部分)をモコモコの泡で転がしていくようにやさしくタッチ。

2.Uゾーン(顎や頬などフェイスライン)をサッと手のひらで泡を行き渡らせるくらいの軽い感覚で洗う。生え際は洗い残しやすい部分なので、丁寧に指をジグザグ細かく動かし、隅々まで泡を行き届かせる

3.全体に泡が行き届いたら、丁寧なすすぎを。30〜35℃のぬるま湯をそっと手ですくい、泡を溶かすイメージで。くれぐれもバシャバシャと勢いよく顔に当てないように! 生え際やフェイスラインも手にためた水で念入りにすすぐ

 

 

洗顔後のスキンケア

洗顔後は肌が乾燥してしまうためしっかりと”保湿”しましょう!

化粧水→乳液→クリームの順が一番効率が良く保湿力が高まります!

化粧品による保湿は

化粧水→《水分を与える》

乳液→《水分を保持する》

クリーム→《水分蒸発を防ぐ》です!

化粧水、乳液、クリームを毎日欠かさず使うことが美肌への道のりです!

ただベタベタ塗りたくれば良いというものでもないので注意しましょう。

これらを使っても一向に肌荒れが改善しないという人は使っている化粧品を変えてみると良いかもしれません。ネットで高評価レビューされている商品が全ての人の肌に合うとは限りません。

値段が高ければ良いというわけではないのですが、化粧品に関しては値段が上がるにつれて純度があがり保湿力も高くなると思います。

 

 

ちなみに私はラフィスの化粧品を利用しています。

こちらを利用し始めてから乾燥肌から卒業し、肌荒れも収まり、周りから肌が綺麗になったと言われるようになり効果を実感しています!

繰り返すニキビに殺菌しないニキビケア【ACリッチケアライン】

 

 

いかがでしたか?

私も肌荒れには本当に悩まされ、皮膚科に行くこともありました。

洗顔方法とスキンケアを変えたことにより劇的に肌が変化したので皆さんも是非今日から試してください!

肌荒れに悩む人達が少しでも早く改善していきますように(^^)

読者登録

メールアドレスを記入していただくと、Cathyが更新をお知らせします。

スポンサーリンク
美容
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Cathy Creation

コメント